皮膚科で対処 皮膚病・口唇ヘルペス

唇の病気

「熱の花」という素敵な別称を持つ口唇ヘルペス。口唇、またはその周りに水疱をともなったできものです。ウィルスは神経節に潜み、普段は大人しくしていますが、疲労が溜まっているときなど免疫が弱まったときに暴れまわります。

この皮膚病は皮膚科で対処する必要があります。その方法は塗り薬と飲み薬の二通り。塗り薬は、軟膏またはクリームで患部の周りに塗ります。軽症、治りかけ、あまり再発しない人向けです。アシクロビル軟膏、ビラダビン軟膏などがあります。最近では市販薬もありますが、初めてヘルペスができたと思われたときは、自己判断せずに皮膚科に受診しましょう。

飲み薬は、塗り薬よりも効き目が強く、皮膚に現れた症状に加え、神経細胞に隠れているウイルスの活動を抑制します。初期症状が出た時点で服用すると回復が早まり、また再発しにくくする効果も期待できます。ゾビラックス、バルトレックスなどがあります。効き目が強い分、副作用も強いため医師と相談の上、使用しましょう。いずれも口唇がむずむずしたらすぐに薬を使えるよう、常備しておくと便利でしょう。