感染が原因の皮膚病患者も多い

ニキビ

皮膚科には特定の細菌やカビに感染して皮膚病にかかった患者が訪れることも多いです。細菌の繁殖を抑える抗菌薬を処方して治療していきます。

痒みなどの症状がある人は対処療法として、抗ヒスタミン薬なども併用します。子どもに多い皮膚病はとびひです。虫刺されやあせもなどで皮膚を掻き、そこに黄色ブドウ球菌などの細菌が侵入して発症します。

ニキビの皮膚の感染症の一つです。毛穴に常在菌であるアクネ菌が大量に繁殖することでニキビができます。ニキビの悩みで皮膚科に通う人は多く、思春期ニキビや大人ニキビがあります。単純ヘルペスウイルスは一度かかったことがある人は再発しやすいです。口の周りや生殖器に小さな水ぶくれがたくさんできます。

同じ水ぶくれでも帯状疱疹という別の皮膚病もあります。これは水疱瘡を引き起こす水痘帯状疱疹ウイルスが原因で、水疱瘡が治っても神経節に潜伏しています。免疫力が下がった時に活性化して痛みを伴う水ぶくれを作ります。