皮膚科 内臓疾患が原因の皮膚病の治療

皮膚科で治療が可能な皮膚病には帯状疱疹、口唇ヘルペス、水虫など様々な皮膚の疾患の治療が可能です。さらに皮膚科では皮膚にあらわれた症状が内臓疾患が原因の場合があります。

診療を受ける

皮膚の疾患は赤くなるなど目に見える発疹があらわれることが多いですが、皮膚掻痒症は発疹がなくかゆみがある疾患で、全身にかゆみがある場合と肛門周辺や外陰部、頭部などに起こる場合があります。原因には内臓疾患の他、約アイ、心因性、ドライスキンなどが考えられます。ドライスキンであることが多いですが、全身に症状が出る場合、原因となる内臓疾患には、肝疾患、慢性腎不全、糖尿病、血液疾患などがあります。局所的に症状があらわれる場合は、前立腺肥大症、膣カンジダ症、便秘、痔などが考えられます。

皮膚科では水虫などの皮膚病を治療するだけではなく、内臓の疾患から皮膚に症状があらわれることもあります。皮膚に症状がある場合は、自己判断で市販の薬などを使わずに、早めに皮膚科を受診することが良い選択です。